トラブル解消のスキンケア

化粧水

かゆみの強い湿疹が特徴

肌が乾燥しやすい方に多い皮膚疾患に、アトピー性皮膚炎があります。アトピー性皮膚炎は、カサカサとした肌に赤みを帯びたかゆみの強い湿疹ができるのが特徴で、男性にも女性にも発症する疾患です。年齢的には生後間もない赤ちゃんからお年寄りまで罹患する可能性があり、保湿に重点を置いたスキンケアが重要視されています。アトピー体質の肌の方に適した保湿剤は、皮膚科で処方されることもありますし、専用のスキンケアラインも多くのメーカーから販売されています。皮膚科で処方される保湿剤や、アトピー肌用に販売されている保湿剤は、少ない刺激で肌を効果的に潤す効果が高く、肌のバリア機能を高めることで、肌トラブルを防止する効果があると考えられています。

バリア機能を上げるケア

アトピー性皮膚炎の肌質は、ドライスキン傾向にあり、紫外線やダニやほこりなど、外からの刺激に弱いため、適切な保湿剤を用いてスキンケアをすることで、肌を健やかに保つことができるとされています。水分や皮脂が少なめのアトピー肌に適したスキンケアは、洗顔料は脱脂力の少ないタイプでこすらず洗顔し、その後すぐに保湿を行うのが適切であるといわれています。洗顔には熱いお湯は使用せず、ぬるま湯で刺激にならないように洗顔する事で、肌に必要なうるおいは残したままケアをすることができます。アトピー肌向けスキンケア製品は、薬局やインターネット通販で購入可能です。バリア機能を向上させるスキンケアを継続することで、アトピーの症状が和らぐケースがあるとして、口コミで人気です。